sore000
http://www.bookchiba.com/bookstore/20100112/HOHRINDO-tsudanema.html

記事トレンドワード改
芳林堂書店など

書籍・雑誌小売「芳林堂書店」「コミックプラザ」を展開株式会社芳林堂書店破産手続き開始決定受ける負債20億円-帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4143.html

TDB企業コード:980463409
「東京」 (株)芳林堂書店(資本金2000万円、豊島区西池袋3-23-10、代表齋藤聡一氏)は、2月26日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日付で破産手続き開始決定を受けた。

 申請代理人は西村賢弁護士(港区虎ノ門4-3-1、成和明哲法律事務所、電話03-5405-4080)。破産管財人は安藤真一弁護士(千代田区六番町15-2、みつば総合法律事務所、電話03-3511-1836)。

 当社は、戦後、古本販売業を目的に個人創業され、1948年(昭和23年)3月に法人改組した書籍小売業者。71年にはJR池袋西口に芳林堂ビルを建設し、旗艦店となる池袋本店をオープン。その後も都内を中心に出店を進めて業容を拡大し、99年8月期には年売上高約70億5000万円をあげていた。

 しかしその後は、長引く出版不況と相次ぐ競合大型店の出店から売り上げの減少が続き、2003年12月に池袋本店を閉店、2004年1月には芳林堂ビルを売却した。以後も店舗のスクラップアンドビルドを進め、近年はエミオ狭山市店をオープン(2014年8月)させた一方、津田沼店(2014年5月)、センター北店(2015年4月)、汐留店、鷺ノ宮店(ともに2015年9月)を閉店。近時は、高田馬場店、コミック本専門店の「コミックプラザ」(豊島区西池袋)など都内4店舗、埼玉県5店舗、神奈川県1店舗の計10店舗の直営店展開となっていたが、2015年8月期の年売上高は約35億8700万円にダウン、厳しい資金繰りを強いられていた。

 そうしたなか、2月5日に主力仕入先である書籍取次の(株)太洋社(東京都千代田区)が自主廃業も想定し、会社の全資産の精査などを進める方針を明らかにしたことで動向が注目されていた。

 負債は約20億円。

 なお、当社は商号を(株)芳林堂書店から(株)S企画に変更して自己破産を申し立てている(2月26日時点で商業登記簿上では商号変更されていない)ほか、(株)書泉(東京都千代田区)に事業譲渡することで合意に至っている。



芳林堂書店公式ページ(本日夕方現在繋がりにくい状況が続いています)
http://www.horindo.co.jp/



ツイッターの反応

株式会社芳林堂書店 破産手続き開始決定受ける|大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB] tdb.co.jp/tosan/syosai/4…

株式会社芳林堂書店
破産手続き開始決定受ける
負債20億円
tdb.co.jp/tosan/syosai/4…


予想通りの展開。場所的に行くことは少なかったけど、近かったら通っただろうなあ


予想されていたこととは言え、衝撃が走った


意外に数がそこそこあった芳林堂書店が破産だそうです。

請求と支払いのある月末間近、太洋社の店売は今日閉じるということだったから、何かあるとすれば今日あたりかもと心配していたのだけれど……。残念。

高田馬場の芳林堂書店が倒産。太洋社の閉業に連鎖しての倒産か。いい書店だったのに本当に残念です。

あー、ついに芳林堂も逝ってしまったか…。書泉はアニメイトグループの一員としてなんとか生き残れているけど。「取次の廃業で連鎖的に書店業界が崩壊していっている」のを見るのは正直非常につらい。


馬場の雑誌コーナーとか入荷完全ストップしてておかしいなとは思ってたけど

芳林堂書店の事業は書泉に譲渡らしい。とにかくユーザーに影響が及ばないことを望みます。

芳林堂が倒産。
書店や取り次ぎがなくなり、出版社はデジタルデータでのマネタイズを真剣に考えないと・・・ですよ。
なんせ、デジタルデータの漫画は作家が直接ユーザーに売ったりできるわけだから、その間にどう入るのか、エージェントやプロデューサー的なスキルが編集者に問われるのでしょうね。



>主力仕入先である書籍取次の太洋社が

はい(はい)

芳林堂書店は破産はするけど閉店しない(事業譲渡)ので、この見出しはちょっとミスリードだなぁ…

事業は書泉に譲渡か。馬場の店舗は残るのか


芳林堂書店高田馬場店は、西武新宿線の鷺宮~都立家政に住んで神楽坂の会社に通ってたころ、ほぼ毎日立ち寄る書店でした。考えたら久しく行ってないけど。店舗は残って書泉になるのかな。

“事業は書泉に譲渡することで合意しているという。”
池袋のコミックプラザはよく行っていたのですが…。

芳林堂、もともと太洋社は去年あたりから新刊物流自体を日販に委託していて、要するに月頭にそれを止められていたということはそれの出荷保留を食らってたのが濃厚だったわけですね。書店が取次から出荷保留食らう最大の原因は支払の問題だから、1月以前の支払に既に問題があったと思われます。